遺伝子検査の活かし方(活用方法)

仲の良い親子

 

遺伝子検査を受けることで、性格の傾向、最適な食事、運動、将来の病気のリスクなど、様々なことが分かります。

 

まず、性格のパターンを知ることで、日常生活における様々な場面で活かすことが可能です。

 

集中力がないと結果が出たら、勉強や運動で人よりこまめに休憩を挟むなど、学習能力や運動能力を伸ばす際の効率を良くすることができるでしょう。

 

次に食事についてですが、積極的に摂取したい食品や食べる順序を遺伝子検査で把握することが可能です。

 

たとえば、人より脂肪を溜め込みやすいと結果が出た場合には、脂質を控えめにすることによって、お腹まわりが太ってしまわないように対策することができます。

 

このようにダイエットに活かすことができるだけでなく、病気のリスクを把握することも可能なため、食事による健康管理にも活用することができるのです。

 

また、運動に関しては最適な競技や練習方法・時間が分かるため、一流の選手を目指すならどの競技が最も近道なのか把握するのに遺伝子検査は活かせます。

 

前に述べた性格のタイプを知るによって、自分に合った練習の仕方を見出しやすいというのもメリットといえるでしょう。

 

その他、自分が将来病気のリスクがあることを知っておけば、事前の対策がしやすくなります。

 

前述した最適な食事や運動を選択し、継続していけば予防に効果的です。

 

また、かかるかどうかも分からない病気のために保険に加入する必要もなく、リスクのある保険だけに絞り込んで必要な保障が付けられるというメリットもあるでしょう。

 

 

⇒ こども能力遺伝子検査(トップページ)