学習能力と遺伝子の関係

勉強する子供

 

遺伝子と学習能力に関わりがあるのか疑問に感じている人もいるでしょうが、結論から申し上げますとあります。

 

海外で行われた研究で、遺伝子によって学習能力が決まるという結果が出ているのです。

 

したがって、学習能力の高い親から生まれた子供は、先天的に優れた資質を持っているということができます。

 

しかしながら、学習能力の高さは先天的な資質で100%決まるわけではありません。

 

研究結果によれば、遺伝子で決まる割合は半分以上に留まっているのです。

 

それでも多いと感じる人もいるでしょうが、完全に学習能力の高さが遺伝で決まってしまうわけではないため、後天的な要素により高められる余地は残されています。

 

後天的な要素の部分は、簡単に言うと努力なのですが、とりわけスポンジのように何でも吸収する子供のときに学習能力を高めるのが効果的です。

 

子供の学習能力を高めるには、その子供に合った学習方法で行わなくてはいけません。

 

遺伝子検査を受ける目的はここにあります。大人になってからでも自分の遺伝子の特徴を知るメリットはありますが、子供のとき、さらに言えばなるべく早いうちに知っておけば、若いときから対策が取れる大きなメリットがあるのです。

 

遺伝子検査を受けることにより、子供の性格のタイプがはっきりします。子供の性格を把握することにより、どういう風に学習させればいいのかが分かるのです。

 

子供の性格に合わない方法で学習させると興味を持たなかったり、嫌がったりして能力が高まりませんが、性格に合っていれば楽しく意欲的に学習できて、効率良く能力を伸ばしてあげることができるでしょう。

 

⇒ こども能力遺伝子検査(トップページ)


遺伝子が学習能力に与える影響

テスト結果

 

学習能力を決定付ける要素の中で、遺伝との関係が深いといわれているものは色々あります。

 

中でも特に遺伝との関連性が強いとされているのが数学力です。数学力というとイコール計算能力となりますが、遺伝子の影響で高低差が出るといわれています。

 

また、物事を暗記する能力も遺伝子の影響を受けるとされているのです。

 

とりわけ長期記憶の能力は遺伝で高さが決まるといわれています。

 

その他、学習能力の高い人は文章の構成力に優れているものですが、文才も遺伝の影響を強く受けると考えられているのです。

 

そして学習能力というとIQをイメージする人もいるでしょうが、これも遺伝と関わりがあるといわれています。

 

IQには多くの遺伝子が関係していて、高さに影響を与えているのです。

 

以上のように、遺伝子が学習能力に及ぼす影響は色々とあります。

 

学習能力の半分以上は遺伝子により決まるという研究報告もあるため、生まれた段階で能力の高低差が人にはあるのです。

 

実際、クラスで成績が優秀な子供の親が一流大学の出だったというケースはよくありますし、実際にそういう人がクラスメートにいたという人は少なくないでしょう。

 

しかしながら、後天的な努力により学習能力の向上は可能であり、学習の環境を良くすれば効率良く能力を伸ばすことに繋がります。

 

生まれ持った学習能力が高くても、努力を怠っていればせっかくの地頭の良さを活かすことができません。

 

遺伝だからと諦めるのではなく、頑張り次第で先天的に学習能力が高い人に勝てる可能性は十分にあるでしょう。

 

 

⇒ こども能力遺伝子検査(トップページ)