子供の能力を遺伝子レベルで知るメリット

 

あなたはお子さまが生まれながらに持っている能力に気づいてあげれていますか?

 

運動神経がいい、絵が上手、歌が上手い、リズム感覚に優れているなど親であれば子供のことはすべてわかっていると思っている方がほとんどだと思います。

 

しかし、いつも一緒にいる親でも気づくことがなく、誰にも気づかれずに眠らせているままの能力や才能があるとしたらどうでしょう。

 

そんな隠れた潜在能力を見出してくれるのが遺伝子による検査の能力発見DNAテストです。

 

遺伝子検査と聞くと、ややこしそうなイメージがありますが、専用綿棒で頬の内側を歯磨きするように20回程度こすり郵送するだけと簡単で、体への負担や痛みもありません。

 

こども能力発見DNAテストを受けるメリットは、神経伝達物質の“セロトニン”“ドーパミン”“グルタミン酸”の関連遺伝子や金メダル遺伝子で有名なACTN3遺伝子、ACE遺伝子の全14遺伝子を調べることによって、遺伝子レベルで性格や運動能力、秘められた才能や潜在能力までもがわかるため、幼いころから得意な分野に専念することによって才能を伸ばしてあげることができます。

 

潜在的な能力を知ることは、子育ての方向性を知る指標になることに加え、子供の将来を有利にする可能性を持っていると思います。

 

また、先天的性格もわかるため、それぞれの子どもに応じた子育てにも役立ちます。

 

お子さまの無限大の可能性を的確にいち早く知るためにも、遺伝子検査で可能性を広げてあげましょう。

 

 

>>> こども能力遺伝子検査(トップページへ戻る)