学習能力と遺伝子の関係

 

遺伝子と学習能力に関わりがあるのか疑問に感じている人もいるでしょうが、結論から申し上げますとあります。

 

海外で行われた研究で、遺伝子によって学習能力が決まるという結果が出ているのです。

 

したがって、学習能力の高い親の子供は、先天的に優れた資質を持っているということができます。

 

しかしながら、学習能力の高さは先天的な資質で100%決まるわけではありません。

 

研究結果によれば、遺伝子で決まる割合は半分以上に留まっているのです。

 

それでも多いと感じる人もいるでしょうが、完全に学習能力の高さが遺伝で決まってしまうわけではないため、後天的な要素により高められる余地は残されています。

 

後天的な要素は簡単にいうと努力なのですが、とりわけスポンジのように何でも吸収する子供のときに学習能力を高めるのが効果的です。

 

子供の学習能力を高めるには、その子供に合った学習方法で行わなくてはいけません。

 

そのためにおすすめなのが、遺伝子検査を受けるというものです。遺伝子検査を受けることにより、子供の性格のタイプがはっきりします。

 

子供の性格を把握することにより、どういう風に学習させればいいのかが分かるのです。

 

子供の性格に合わない方法で学習させると興味を持たなかったり、嫌がったりして能力が高まりませんが、性格に合っていれば楽しく意欲的に学習できて、効率良く能力を伸ばしてあげることができるでしょう。

 

遺伝子検査は対応している施設に行く方法と、自宅で行えるキットを購入する方法の2種類がありますので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

>>> こども能力遺伝子検査(トップページへ戻る)